個性を生む自分名刺を作成して相手に印象付けよう

変化している業界

印刷業界のシステム変動

印刷業界の歴史や変動についてお話しします。今から35年前(1980年)、印刷会社に在籍したことがあります。その当時から印刷業の経営というものは厳しいものでした。設備投資が億を超えますので印刷機械を24時間稼働するのが常識という業界です。それからも受注行程は同じで、受注は訪問営業という時代でした。現在から20年前(1995年)頃からDTPデータでの入稿が増えていき、定着しました。当時はDTPデータをメディアに入れて印刷業者の営業に手渡すというシステムでした。現在ではインターネットや電子通信が発展し印刷通販サイトへパソコンからの発注が簡単となりました。ネット通販となって販売価格が明確になったことは消費者(発注者)にとっても注文しやすくなりました。

現在のサービスや傾向

印刷業界の発注システムが大きく変わったことは消費者(発注者)にとっても便利でお得な時代となりました。見積り営業の時代と違い、印刷加工料金が明確に表示されており、比較・検討もしやすいのでインターネットを利用した通販サービスは増加しております。業者の競合により今後もコストダウンしていきます。コストダウンを計るとともに、通販サイトの特徴やサービス、わかりやすく注文しやすいホームページにする等工夫を重ねております。顧客の要望やアンケートを取りサービスに反映さ、ポイント制度や再注文のデータ保管期間を増やすなど、多数の業者がサービスの向上に努力しており、ますます良くなって行きます。とても気になる注目する業界です。